ぜひ、ビジネス「見える化」に役立つ資料もダウンロードください。無料です。

MindManagerの新機能: コラボレーションツールの強化

これまで以上に多くのチームがリモートワークをするようになった今、バーチャルなビジネス協働ツールはすべての組織にとって不可欠です。

新しくなったMindManager®では、共同編集機能を再構築し、MindManager Snap 機能を強化し、チームが対面で働いていても、リモートで働いていても、または対面・リモート両対応で働いていても、ビジネスでより効率的な協働のための方法を提供しています。

この記事では、この2つの機能について詳しく説明し、これらの機能が企業内協働をどのように推し進めてくれるのを説明します。

 

共同編集: プラットフォームを超えたリアルタイムな協働

MindManager のクロスプラットフォーム共同編集機能が強化され、ユーザーがどこにいても、どのプラットフォームを使用していても、マップやダイアグラムをリアルタイムに共同作業ができるようになりました。

チームメンバーは、Windows、Mac、Microsoft Teams、そしてまったく新しい MindManager Web および Chromebook アプリケーションを含む、すべての MindManager プラットフォームでこの機能を使用できるようになりました。

リアルタイムで行われた編集はすぐに反映されるため、チームメンバーはフィードバックを確認し、必要に応じてタスクやプロジェクトプランを調整することができます。

多くのプロジェクトでは、複数の担当者や確認が必要とされるため、共同編集機能は、複数のユーザーが同じプロジェクトマップ上で、同時または別々に共同作業を行うことを可能にし、プロジェクトの協働を効率化します。

マップや図式を共同で作成する際、チームメンバーはお互いの変更を確認することができます。管理者も、チームメンバーが作業している内容をリアルタイムで確認できるので、必要に応じて参加することができます。

これにより、他のユーザーが作業しているすべての内容を、ひとつのダッシュボードにマップして確認することができ、To Doの追跡、ドキュメントの管理、ミーティングノートの整理、タスクの軌道修正などが可能になります。

 

今回のアップデートにより、MindManager セッションを Web ブラウザで起動する必要がなくなりました。一度ファイルを共有すれば、誰でも好きなプラットフォームでいつでもそのファイルを開いて編集することができます。

また、グループでのブレーンストーミング、チームダッシュボード、プロジェクトプラン、タスクリスト、プロセスフローなどを促進する内蔵テンプレートの包括的なライブラリを利用することができます。

さらに、プロジェクトの進行を容易にするためのテンプレートも用意されています。ユーザーは、優先順位マーカー、タグ、日付、リソース、プロジェクトコスト、その他の重要な情報を割り当てて、プロジェクトを最新の状態に保ち、順調に進めることができます。

MindManager のプロダクトマーケティング担当シニアマネージャーである Craig Bond は、「今日のプロフェッショナルな環境における活動の範囲と重要性が拡大するにつれ、コラボレーションとコミュニケーションのための新しい方法を見つけることが重要になっています。MindManager のクロスプラットフォーム共同編集は、これまで以上にコラボレーションを容易にし、Windows、Mac、Microsoft Teams、そして新しい 2 つのプラットフォームを含むプラットフォーム間でネイティブに動作するようになっています。WebとChromebookです。」と述べています。

 

MindManager Snap: 外部コンテンツの取り込みと特定のマップの部分共有

頭の中にアイディアが浮かんでも、タイミング悪く簡単に記録する方法がないという経験は誰にでもあるでしょう。

MindManager Snapを使えば、デスクトップ、ブラウザ、モバイルデバイスなど、いつでもどこでも簡単にコンテンツを取り込み、受信し、共有することができます。この情報は、MindManager Snap のキャプチャキューに直接送信することができ、そこから任意のマップにドラッグするだけで済みます。

また、MindManager Snapの新機能として、「マップパーツの共有」”があります。これにより、ドキュメント全体ではなく、マップの一部分をチームと共有することができます。

「知識の伝達や共有ドキュメントでの共同作業をより簡単にするために、新しいマップパーツ共有機能を追加しました。」と、Craig Bond は説明しています。

 

マップパーツの共有は、いくつかの異なる方法で使用できます。

  • マップのトピックを簡単に選択して、スナップキューにドラッグする。
  • トピックを右クリックして「トピックの送信先」を選択し、続いて「スナップキュー」を選択して、マップパーツを共有するチームを選択する。

これにより、チームメンバーはスナップキューでマップパーツを受け取り、自分のマップ内で使用したり、マップパーツに手を加えて送り返すことができます。マップパーツは、事前に定義されたチーム、1 人のチームメンバー、または自分自身にも送ることができます。

MindManager に追加された最新の共同作業機能により、チームはこれまで以上に迅速かつ効率的に作業を行うことができま す。

チーム内のコラボレーションを強化しましょう。MindManager を 30 日間無料でお試しいただけます。

この記事は、New in MindManager: Enhanced collaboration tools | NOVEMBER 24, 2021 を翻訳したものです。

MindManagerセールスチーム
フォローをお願いします

今すぐトライアルを開始