ぜひ、ビジネス「見える化」に役立つ資料もダウンロードください。無料です。

特性要因図:特性要因図とは何か、どのように使うのか

著者:リアン・アームストロング

複雑な生産や作業プロセスの問題の根源が何であるかを理解することは、言うは易く行うは難しということがあります。幸いなことに、特性要因図は、問題を解決したり、問題の発生を防いだりするために必要な便利なツールとなります。

特性要因図とは何か

特性要因図は、問題解決のためのビジュアルマップです。その名が示すように、その主な目的は、観察された効果(または結果)に関連して、問題となっている状況の原因を特定することです。

特性要因図の定義をより明確にするために、このツールはフィッシュボーン図や石川ダイヤグラムとも呼ばれていることを理解しておくとよいでしょう。片側に問題を設定し、もう片側にその原因となっている様々な要素を放射状に配置することで、魚の骨格に似た図ができあがります。

Cause and Effect Diagram Template - MindManager Blog

特性要因図の活用法

製品やサービスの製造、販売に何らかの形で関わっている方は、原因と結果を表す図を使うとよいでしょう。

フィッシュボーン図は以下のような目的で作られています。

  • 問題の本質とその原因の明確化
  • 要因を特定し、それらがどのように関連しているかを把握
  • 問題を解決するための最適な行動を決定

特性要因図は、チームでブレインストーミングをしながら、特定のプロセスのどの領域が最も関係している可能性が高いかを検討する際に使用すると、より効果的です。

これらの領域を視覚的に様々な構成要素に分解し、特定の活動の影響を記録することで、どこで問題が発生したかの理解が深まり、より早く解決策を見出すことができます。

例えば、次のようなことが必要になるかもしれません。

  • 材料やサプライヤーの変更
  • 新規または既存のワークフローの修正
  • 特定の部門や個人が行うタスクの調整

そこで、フィッシュボーン図がよく使われる3つの分野をご紹介します。

1. 製品の製造

これには通常、ほとんどの生産プロセスに関わる6つ(または8つ)のM因子(Machinery/機械, Method/方法, Materials/材料, Measurement/測定, Mother Nature/自然, Manpower/マンパワー, Management/管理, Maintenance/メンテナンス)の分析を行います。

2. サービスの提供

これには、多くのサービス提供手順に関わる4つのS因子(Surroundings/環境、Suppliers/サプライヤー、Skills/能力、Systems/システム)の検証を行います。

3. 製品やサービスのマーケティング

これには、多くの製品やサービスのマーケティングシステムに関わる8つのP要因(Price/価格、People/人、Place/場所、Product/製品、Packaging/包装、Procedures・Processes/手順・プロセス、Policies/方針、Promotion/プロモーション)を調べます。

問題の原因が何であれ、特性要因図を作成することで、あなたとあなたのチームが問題を解決するために必要な変更箇所を掘り下げて整理することができます。

特性要因図を作成するには

MindManagerのような汎用性の高いプログラムを使用すると、フィッシュボーン図のテンプレートを使用して、問題のすべての潜在的な原因を把握し、表示し、整理することができます。その後、アイデアマップを使用して(リンクして)、問題を解決する方法をブレーンストーミングすることができます。

ここでは、4つの簡単な手順で原因と結果の図を作成する方法を説明します。

手順1

ダイアグラムの一方の端にあるボックスまたはノードに、問題の名前をラベル付けします(これは魚の「頭」の部分にあたります)。

手順2

この節点から「背骨」となる線を片側に伸ばします。

手順3

メインラインの両側から枝分かれする「肋骨」ラインを追加し、それぞれのノードに導きます。これらの節には、問題の原因となっている原因や要因の名前を付けます。

手順4

これらの潜在的な原因をさらに分解し、関係する特定のプロセス、タスク、リソースに分岐させて調査します(これらがサブ原因です)。

これで完了です。

これで、あなたとあなたのチームは、疑わしいアクティビティを発見し、問題の原因となっている可能性の高いエリアをより簡単に特定することができます。問題解決に集中するためには、これらの要因に優先順位をつけて、対処すべき順番に並べることもできます。

特性要因図の例

フィッシュボーン図を作成することは、特定の問題の背後に何があるのかを確認し、問題の解決と再発防止の両方を実現するのに最適な方法です。ここでは、簡単な因果関係図の例を挙げて説明します。

例えば、あなたが旅行用バックパックのラインナップを充実させたいと考え、最近2番目の製品を発売したとします。しかし、オリジナルのバックパックが成功したにもかかわらず、この新しい頑丈なバックパックは販売の期待を裏切っています。

あなたは、因果関係図を使って、マーケティングの観点からこの問題を調査することにしました。

まず、図の左中央にあるボックスにラベルを付けて、目下の問題を特定します。

Cause and Effect Analysis Sample - Step 1 - MindManager Blog

次に、どこから手をつけていいかわからないので、背骨の線を加えて、マーケティングプロセスの8つの分野すべてに枝分かれするようにして、図の骨格を作ります。

Cause and Effect Analysis Sample - Step 2 - MindManager Blog

この時点で、あなたはプロモーションチームと一緒に、これらのカテゴリーに影響を与える重要な要因を検討すべきだと気付きます。

ブレインストーミングをした結果、この図の肋骨は次のようになりました。

Cause and Effect Analysis Sample - Step 3 - MindManager Blog

完成した図をチームで分析してみると、2つの重要な発見がありました。

  1. 既存の顧客は旅行者ではなく、主に学生であり、製品は気に入っているが、大きくて重くて高価な製品を買う余裕はなく、また必要ともしていない。
  2. 新製品がターゲットとしていた旅行者は、同じような品質のパックを地元の競合他社からかなり安い価格で購入できる。

新しいパックが成功しなかった理由を理解したあなたは、問題を解決するための計画を立て(より安価な素材を調達するなど)、今後は常に十分なマーケティングリサーチを行うことができます。

特性要因図の使用例

シンプルな特性要因図を作成することは、問題に関連する症状から問題に正面から対処するための実践的なプランを構築にチームの焦点を移すのに最良の方法です。

ここでは、特性要因図の一般的ないくつかのシンプルな使用例を紹介します。

製品の品質問題を解決したいと考えているA社

会社の最新のウィジェット製造施設の生産品質は、他の拠点に比べて低い。共通する要因を除外した後、品質管理チームは会議を開き、自然(環境)と人手(工場の労働者)という2つの重要な分野を中心に因果関係図を作成し、衝撃的な発見をしました。

新工場は非常に湿度の高い場所にあり、熟練した労働者は限られています。湿度を改善するためにプロセスを調整し、トレーニングを強化することで、品質を正常化することができるでしょう。

イメージダウンを解消したいB社

新しいマッサージとボディトリートメントのスパであるこの企業は、イメージを特に重視しています。しかし、最初は期待されていたものの、お客さまのレビューを見ると、落ち着いてリラックスできるという評判が悪くなっていました。経営陣はこの問題についてブレインストーミングを行い、フィッシュボーン図を用いて、最近の改装とスタッフの入れ替わりが相まって、スパの落ち着いた環境が損なわれていると判断しました。

この会社は、改装を休みの日に限定し、従業員のやる気を向上させる計画を立てました。

マーケティング上の課題を克服したいC社

朝食用シリアルのフルラインアップで成功していたC社は、最新のシリアルがなぜ売れないのか途方に暮れていました。マーケティング部門と協力して、因果関係図の図解ツールを使って問題を突き止め、唯一の真の違いはパッケージにあると結論づけました。

いくつかの新しいパッケージデザインを作成し、ターゲット層にアンケートを取って、どれが一番魅力的かを調べることにしました。

問題を解決するための道筋を描くことは、現在の状況、そこに至るまでの経緯、そして軌道修正するための最も有望なルートを確認する最も簡単な方法です。

ダウンロード可能な特性要因図のテンプレート

下の画像をクリックすると、上で紹介した特性要因図の例と、MindManagerで作成した空白のテンプレートにアクセスできます。ブラウザウィンドウの左下にある[メニュー]をクリックし、[ダウンロード]をクリックすると、テンプレートのコピーが取得できます。テンプレートをMindManagerで開いて作業を開始します。

MindManagerをお持ちでない方も心配なく。 30日間無料でお試しいただけます。

Cause and Effect Diagram Template - MindManager Blog

特性要因図テンプレート


Cause and Effect Analysis Sample - Step 2 - MindManager Blog

特性要因図サンプル

この記事は、Cause and effect diagrams: what they are and how to use them | APRIL 27, 2021 を翻訳したものです。

MindManagerセールスチーム
フォローをお願いします

今すぐトライアルを開始