ぜひ、Lean Six Sigmaホワイトペーパーをダウンロードください!

戦略プランに使える6つのビジネス分析手法

著者: エミリー・フィンレイ

ビジネスにおいては、効率と効果が重要です。大規模なプロジェクトを実行する場合でも、新入社員を教育するための最良の方法を決定する場合でも、優れた結果を得るためにベストプラクティスを使用することが重要です。

ビジネス分析は、ビジネスを改善するための戦略やプロセスを明らかにします。業務の欠陥を見つけながら、それを解決するために何を変える必要があるかを判断することができます。また、ビジネスを監査して改良することで、あなたとあなたのリーダーシップが、情報に基づいた意思決定を行うために必要な洞察を得ることができ、それはあなたの仕事を前進させるのに役立ちます。

しかし、他の手法と同様に、ビジネス分析の力は、それを実行するために使用する手法に依存します。このガイドでは、トップレベルのビジネス分析手法をご紹介します。それぞれのオプションが何を提供するのか、そしてそれらを使ってどのように自分のプロセスを分析できるのかを学ぶことができます。

ビジネス分析テクニックとは

ビジネス分析テクニックとは、ビジネス・オペレーションを監査し、改善するための具体的なプロセスのことです。これらのステップバイステップの手順は、分析者が分析中に組織的に行動し、戦略的な意思決定を行うのに役立ちます。

ビジネス分析手法にはどのようなものがあるか

ビジネス分析の最も一般的な種類には、BPM、SWOT、MOST、CATWOE、PESTLE、6つの帽子思考法などがあります。これらの手法はさまざまな業界やプロジェクトで活用できます。業務の合理化から会社の目的の調整まで、これらの戦術は組織の長期的な成功を維持することができます。

ビジネス プロセス モデリング(BPM)

ビジネス・プロセス・マッピングとも呼ばれるこの手法は、企業が使用する手順を視覚的に表現します。プロセスを視覚化することで、チームやアナリストは問題点を特定することができます。また、どこで効率が落ちているかもわかります。

これらの欠点を解決するための戦略を策定し、それをモデルに適用することで、対象となるプロセスにどのような影響を与えるかを確認することができます。これにより、これらの変更が他の領域で発生する可能性のある問題も明らかになります。

ビジネス分析のステップ: BPM

International Institute of Business Analysisによると、従うべきステップは以下の通りです。

  1. 戦略的計画 – 解決しようとしているプロセスや問題を調査し、理解することから始めます。モデルを作成する前に、関係するすべてを見い出します。
  2. ビジネスモデル分析 – 上の手順で得た情報をもとに、ビジネスプロセスのモデル(マインドマップフローチャート、ダイアグラムなど)を作成します。このビジュアルを分析して、戦略の指針とします。
  3. プロセスの定義と設計 – 必要な解決策を作成し、モデルに適用します。
  4. 複雑なビジネス解決策のための技術分析 – ビジュアルを使ってソリューションを分析し、改善します。

ビジネス分析の例: BPM

ある企業が特定の製品の生産方法を変更する場合、この手法は、その要素を調整することが他の要素にどのような影響を与えるかを理解するのに役立ちます。理論的に説明するのではなく、視覚的なフローを使って障害や改善点をピンポイントで指摘することができます。

 

SWOT(Strength(強み), Weakness(弱み), Opportunities(機会), Threats(脅威))

SWOT(Strength, Weakness, Opportunities, Threats and Opportunities)は、内部要因(強みと弱み)と外部要因(脅威と機会)の4つの要素から構成される手法。ビジネス分析の中でも最もポピュラーな手法であり、ビジネスのほぼすべての分野で情報に基づいた意思決定を行うことができます。

ビジネス分析のステップ: SWOT

以下のような4つの象限を持つマップを作成し、それを解決策や意思決定の指針とします。

  • 強み – どのようなプロセス、リソース、その他の要因が競合他社よりも優位に立っているのか
  • 弱み – 当社の業績向上や成長を妨げているものは何か
  • 機会 – 事業外で起きていることのうち、当社が有利に利用できるものは何か
  • 脅威 – どのような外部要因が社の成功を制限したり、不都合になるのか

SWOT Analysis | MindManager Blog

ビジネス分析の例: SWOT

この手法をパフォーマンスレビューに応用することで、得られた情報をもとに社員の改善や長所の賞賛に役立てることができます。

 

ミッション、目標、戦略、戦術(MOST:Mission, Objectives, Strategies, and Tactics)

意思決定や移行のたびに、会社が主要な目標を維持していることを確認したい場合は、MOSTが最適な戦術です。以下の要素に基づいてビジネスを分析することで、大局的な目標を達成可能な行動に変えることができます。

  • ミッション – すべての行動を定義する包括的な目的
  • 目標 – ミッションを達成するために必要な目標
  • 戦略 – 目標を達成するために何をすべきか
  • 戦術 – 組織の全員が戦略を実行する方法

ビジネス分析のステップ: MOST

トップダウンでこの4つの要素を定義します。次に、これらの要素を利用して、組織全体で主要な目標を優先するプロセスを作成します。

MOST Analysis | MindManager Blog

ビジネス分析の例: MOST

企業のリブランディングを行う際、MOSTの手法は組織のコアを発見し、それを洗練させるのに役立ちます。プロセス、製品、マーケティング活動を再編成して、目標をより正確に反映させることができます。もしあなたの会社がこれらの主要な価値観から外れてしまったり、新しい価値観にシフトしてしまった場合、MOSTはあなたの見解と目的を明確に定義するのに役立ちます。

 

顧客、アクター、変革、世界観、オーナー、環境制約(CATWOE)

個々のステークホルダーの視点は、目標やプロセスに影響を与えます。また、すべての変化はすべてのステークホルダーに影響を与えます。CATWOEを使えば、ある行動が組織、顧客、リーダーシップなどにどのような影響を与えるかを理解することができます。

ビジネス分析のステップ: CATWOE

この手法は、プロジェクトや戦略立案のプロセスの最初に使用する必要があります。まず、関係者を定義し、以下の質問をすることから始めます。

  • 顧客 – あなたの仕事や製品から誰が利益を得るのか?この問題や提案されたソリューションは彼らにどのような影響を与えるか?
  • アクター – このプロセスに直接関与するのは誰か?彼らにどう影響するか?
  • 変革 – このソリューションや新しい手順を実施することで生じる最終的な変化は何か?
  • 世界観 – この変化は、組織の使命や全体像にどのような影響を与えるか?
  • オーナー – 影響を受けるシステムの責任者は誰で、どのように関係しているのか?
  • 環境制約 – あらゆるレベルで、ソリューションに影響を与える制約は何か?

これらの答えが得られたら、戦略と最終的なソリューションを導くために使用します。

CATWOE Analysis | MindManager Blog

ビジネス分析の事例: CATWOE

開発会社が新しいショッピングセンターを建設しようとした場合、この手法を使って、会社、将来の顧客、周辺地域に住む人々に与える影響を把握することができる。

 

政治、経済、社会、技術、法的、環境動向(PESTLE)

意思決定や変化はなにもないところで行われるものではありません。PESTLEでは、組織内の意思決定に影響を与える外部要因と、企業の変化が他の要因に与える影響を特定します。この手法により、企業は今後発生する可能性のある脅威に備えて計画を立て、新たな機会をつかむための戦略を立てることができます。

ビジネス分析のステップ: PESTLE

以下のリストを見ながら、組織に影響を与える可能性のある力を判断します。

  • 政治的 – 政府の政策、イニシアチブ、財政的支援が、あなたのビジネスや提案するソリューションにどのような影響を与えるか
  • 経済的 – 経済情勢はどうなっているのか、そしてそれはどのような影響を与えるのか
  • 社会的 – 人口、メディア、文化、ライフスタイル、教育などに関するトレンドや考え方が、ビジネスにどのような影響を与えるか
  • 技術的 – 特に情報通信に関する技術開発速度はどうか、そしてそれは変化にどのような影響を与えるか
  • 法的 – 地域や国の規制、雇用基準はあなたの仕事に影響を与えるか。どのように与えるか
  • 環境的 – 天候、汚染、廃棄物、リサイクルなどの要因は組織にとって関心事か。その影響はどのようなものか

これらの情報は、ビジネスの継続的なパフォーマンスに影響を与える可能性のある脅威と機会に備えるために使用します。

PESTLE Analysis | MindManager Blog

ビジネス分析の事例: PESTLE

SWOT技法を使って自社の方向性や将来性を評価する際に、PESTLEを使って各要素を展開・分析することができます。これにより、自社のビジネスについて、特に脅威と機会に関するより詳細な理解を生み出すことができます。

 

6つの帽子

多くの場合、チームには多様な視点が欠けているため、完全な成功から遠ざかっている問題を見つけて理解することができません。6つの帽子思考法では、さまざまな考え方をすることで、新たな視点を発見することができます。これらの新しい洞察をブレーンストーミングの際に使用することで、チームのアイデアに磨きをかけ、より良い結果を得ることができます。

ビジネス分析のステップ: 6つの帽子思考

会議では、それぞれの「帽子」とステップに応じた思考方法で、問題と可能な解決策を検討します。

  1. まず「白い帽子」から始めましょう。これはハードデータとロジックに焦点を当てるものです。あなたが知っている、あるいは必要な情報は何ですか?
  2. 続いて、明るさとポジティブさを表す「黄色い帽子」に移ります。楽観的な思考で、可能性のある価値や利益を探します。
  3. 今度は、判断力のある「黒い帽子」で悪魔のような人を演じてみましょう。潜在的な問題、障害、脅威を見つけます。
  4. 「赤い帽子」は直観を重視します。ソリューションやプロセスに関連する感情、恐れ、予感、および感情を共有します。
  5. 「緑の帽子」は創造性を重視し、可能性、考え、アイデアを検討します。既成概念にとらわれない発想を心がけましょう。
  6. 「青い帽子」では、ブレインストーミングを地に足のついたものにします。プロジェクトや変更の全体像を検討します。自分のアイディアが業務や手順に合っていることを確認します。

このプロセスを利用して、問題に対する解決策やアプローチを磨きましょう。

Six Thinking Hats | MindManager Blog

ビジネス分析の例: 6つの帽子思考

今度、自分のプロジェクトに新しい視点が必要だと思ったら、チームを集めて「6つの帽子思考」でブレインストーミングをしてみましょう。自分の仕事を新たな視点で見つめ直し、改善策を見出すことができるでしょう。

ビジネス分析には「正しい」手法はありませんが、目的に応じてこれらの手法を使い分けることができます。また、一つの問題に対してこれらの手法を組み合わせることを恐れてはいけません。さまざまなレンズを使ってビジネスを分析することで、最大の効果をもたらすソリューションを見つけることができるのです。

MindManagerセールスチーム
フォローをお願いします

今すぐトライアルを開始