ぜひ、ビジネス「見える化」に役立つ資料もダウンロードください。無料です。

製品ロードマップとは

最も基本的なレベルでは、製品ロードマップは製品戦略を視覚的に表現したものです。行動計画や実行への道筋として、製品ロードマップは、いつまでに何を行うかという基本的な問いに答える貴重な戦略ツールです。

製品ロードマップの設計や開発は、製品やバージョンアップの最終目標を決定し、そこに到達するために必要なステップを逆算することから始まります。

製品ロードマップには多くの種類があり、それぞれ異なる製品、ワークフロー、チーム、利害関係者に適しています。

製品ロードマップは、特定の製品発売のための主要なタスク、成果物、マイルストーンを文書化したり、製品開発および発売プロセスを通じてチームがより効果的に協力するための集中プロジェクト管理ツールとして使用することができます。また、利害関係者に定期的に進捗状況を伝え、最新情報を提供するのにも有効な手段です。

 

製品ロードマップと製品計画の違い

製品ロードマップと製品計画には、同じ要素が多く含まれますが、両者には大きな違いがあります。

 

製品計画

製品とは何か、誰のためのものか、なぜ開発するのかを明確にした文書(または文書の集合体)です。製品のビジョン、方向性、優先順位を一元化する役割を果たします。

 

製品ロードマップ

提供や発売まで製品の展開の道筋を示すものです。製品ロードマップは、製品戦略を視覚化したもので、どのリソースやチームがどのようなタスクをいつまでに完了させるか、そのステップの概要を示しています。

製品ロードマップは通常、主要なマイルストーンを特徴とし、明確な方向性、範囲、目標によって利害関係者とチームメンバーの意識を合わせることを目的としています。製品ロードマップは、製品計画よりも柔軟性が高い場合があります。

 

製品ロードマップの一般的な種類

ロードマップの種類としては、ステークホルダー主導型、フォーカス主導型、成果重視型などがよく使われる。それぞれについて詳しく見ていきましょう。

 

ステークホルダー主導型ロードマップ

主要なステークホルダーに対して進むべき道を提案するもので、製品を俯瞰的に見ることができるように設計されています。このタイプのロードマップの例としては、以下のようなものがあります。

  • 幹部向けロードマップ
    コンセプトの実証を行い、経営幹部や投資家の賛同を得るために作成されるロードマップ。
  • 営業チームと顧客向けロードマップ
    営業チームとカスタマサポートチームに今後のリリースの詳細を提供し、興奮を呼び起こすことを目的としたものです。
  • 製品ポートフォリオロードマップ
    計画されているすべての製品リリースをひとつのビューで網羅します。

 

フォーカス主導型ロードマップ

その製品の特定の収束領域やターゲットに焦点を当てたロードマップです。このタイプのロードマップの例としては、以下のようなものがあります。

  • 戦略ロードマップ
    製品全体の戦略を定義します。
  • 市場ロードマップ
    製品が存在する大きなエコシステムや市場空間を扱います。
  • 技術ロードマップ
    製品がどのように長期的な目標に適合するかを示します。
  • 製品リリースと製品機能のロードマップ
    製品開発の各段階におけるリリーススケジュールと含まれる機能を特定します。

 

方向性重視のロードマップ

製品の開発と生産における重要な領域(または複数)に焦点を当てます。このタイプのロードマップの例としては、以下のようなものがあります。

  • 成果重視型ロードマップ
    新製品で解決しようとする問題を取り上げます。
  • ステータス志向のロードマップ
    ある時点における製品やリリースの最新情報を提供するものです。
  • 時間軸を重視したロードマップ
    製品開発プロセスのタイムラインや時間枠、途中のさまざまなマイルストーンを提供します。

 

ビジュアルロードマップの主な利点

製品ロードマップのプロセスの一環として、ビジュアル図やその他の視覚化を使用することで、チームメンバーは与えられたプロジェクトにおける自分の役割をよりよく理解することができます。

ビジュアル製品ロードマップを使用する主なメリットは以下のとおりです。

  • 製品目標、顧客目標、組織目標間の戦略的な整合性を強化する。
  • 製品のビジョンと望ましい結果について、チーム全体でより明確になる。
  • 目標と目標結果の共通理解により、より焦点が定まる
  • ビジュアルロードマップは簡潔な共同作業ツールであり、チームメンバーが製品のコンセプトと開発プロセスにおける各自のタスクや役割を素早く把握できるため、コミュニケーションが向上します。

上記の利点は、主要な利害関係者が製品の目標、期待される成果、成功への道筋をよりよく理解できるため、より豊かな賛同を得ることにもつながります。

この記事は、What is a product roadmap? | APRIL 6, 2022 を翻訳したものです。

MindManagerセールスチーム
フォローをお願いします

今すぐトライアルを開始