ぜひ、ビジネス「見える化」に役立つ資料もダウンロードください。無料です。

理想的な製品戦略テンプレートの作り方

著者:リアン・アームストロング

今回は、理想的な製品戦略テンプレートを作成する方法について見ていきます。

簡単におさらいすると、製品戦略とは、以下の目標を確実に達成し、製品の成功を支援するためのハイレベルな計画です。

  • 顧客を喜ばせる。顧客に喜んでもらうこと。製品が誰を対象としているか、顧客にどのような利益をもたらすか、類似製品と何が違うかを明確にすることです。
  • 確立されたビジネス目標を達成。戦略には、製品を開発することでビジネスとして何を得ることができるのか、またその成功をどのように評価するのかを記述する必要があります。
  • 競合他社との差別化。徹底した戦略には、適切なターゲット市場を特定し、製品を競合他社と差別化するためのタスクとプロジェクトのリストが含まれます。

例えば、レストランオーナーの時間を節約し、注文ミスを減らすことによって、既存のソリューションを補完する全く新しい食品在庫アプリの開発を計画している場合、あなたのビジネス目標は顧客基盤を拡大し、全体の売上を増加させることかもしれません。

製品の長期的な目標が何であれ、ビジュアルマップの助けを借りてそれを明確に示すことが、完璧な製品戦略テンプレートを作成する鍵です。

 

製品戦略テンプレートとは

製品戦略テンプレートとは、新製品の位置付け、販売促進、発売を成功させるために必要なことを、あなたとあなたのチームが可視化するのに役立つ図やフローチャートです。

計画を一緒に「見える化」し協力し合えることは重要です。Gartner®によると、社内の協働をうながすことが自分の役割と考える78%のマネージャーは、製品での失敗率が低いと感じています。

MindManager®のようなビジュアルプランニングツールに組み込まれたプロジェクトと戦略マップは、プロジェクトでの協働を容易にし、ほとんどすべての製品計画を整理することができます。

  • チームの全員が主要な目標を簡単に見ることができる。
  • すべてのタスクと目標が互いにどのように関連しているかを表示できる。
  • 達成したマイルストーンにチェックを入れることができる。

製品戦略のアウトラインが完成したら、新しい要件が必要になったときや、プロジェクト計画に影響を与える出来事が発生したときに、それを読み、編集し、修正できます。

しかし、計画作成の効率化のためには、製品の詳細と目的から始まり、マーケティング、予算、ブレインストーミングなど、上から下へと作業を進めるとよいでしょう。

 

製品戦略テンプレートに含めるべき3つの重要な要素とは

テンプレートの詳細は、製品の性質、販売先、販売やマーケティングの方法によって異なります。しかし、ほとんどの製品戦略の概要には、次の3つの共通要素があります。

  • 製品ビジョンの定義
  • 製品目標のリスト
  • 製品マーケティングのアプローチ

 

1. 製品ビジョン

テンプレートの最初のセクションでは、製品に関する全体的なビジョンを定義する必要があります。これを達成するひとつの方法は、サテライトスタイルの図または戦略マップを作成することです。

例えば、中心ノードに製品名(例:Widget Xのビジョン)をラベル付けしてマップを開始し、その周りに円形に分岐する主要ノードを追加します。

これは、製品の成功予測を裏付ける調査など、製品開発の理由を記録するためのスペースになります。

作成するサポートノードには、以下のような重要な要素を含める必要があります。

  • 顧客の問題。製品が対処する痛点を説明し、一般的なユーザーの問題 (例: 手動でのデータ入力ミスが多い)、未回答のニーズ (例: 現在利用できない独自のアプリケーション)、または魅力的な利点 (例: 時間やコストの節約) を解決する方法について説明します。
  • 製品ソリューション。たとえば、特定のビジネスプロセスのエラーを減らすのに役立つ新しい製品機能の作成、または既存の製品の簡素化された、よりコスト効率の高いバージョンの開発などが考えられます。
  • 開発ロードマップ。計画には、製品のアップデートと将来の反復のためのアウトラインも含める必要があります。この計画は、製品開発ロードマップの形で作成されることが多く、時間の経過とともに拡張されるバージョン、高度な機能、および/または追加サービスについての詳細が含まれる必要があります。
  • ターゲット市場。製品が対象とする特定の顧客グループについて詳しく説明します。例えば、バイヤーペルソナを使用して、人口統計データ、キャリアや職種、予算、購買行動、地理的な場所など、理想的な顧客を例示することができます。
  • 競合。主な競合他社は誰か、またどのような競合他社なのかを概説します。競合が提供する類似の製品、価格戦略、その製品を使用する顧客層、その製品に対する顧客の評価、競合の現在の成功度など、競合が克服すべきハードルを明らかにし、機能やマーケティング戦略などにおいて、貴社が活用できる可能性のあるギャップを明らかにします。
  • 提供する価値。提供する価値は、最終的にマーケティングメッセージの核となるものなので、市場における自社製品の位置づけとして、競争上の優位性についても概説しておく必要があります。

テンプレートにあるビジョンのセクションの各ノードには、あなたの考えと結論を明確なリストで示し、外部ファイル、文書、電子メール、Webサイトのスクリーンショットなどに保存されている関連調査に直接リンクしてください。

 

2. 製品の目標

次に、製品を開発・販売することでビジネスにどのような利益をもたらすのか、また、その成果をどのような方法で測定するのかを整理してください。

このセクションは、マップのビジョンのセクションで作成したメインノードから、例えば「Widget X 短期ビジネス目標」と「Widget X 長期ビジネス目標」というラベルを付けた2つの新しいノードに支線を延長することができます。こうすることで、個々の製品の成功とビジネス全体の成功を視覚的に結びつけることができます。

短期的なビジネス目標とは、製品を市場に投入することによって、ビジネスが達成しようと計画している初期目標、または当面の目標です。短期目標の例としては、顧客のリードを一定の割合で増加させることや、決められた期間内に特定の第三者レビューウェブサイトでトップクラスのウィジェットになることなどがあります。

長期的なビジネス目標は、あなたのビジネスが継続的または段階的に達成することを計画している目標です。例えば、年間売上高を毎年定期的に増加させる、新製品を発売するたびに異なる地域で市場シェアを獲得する、などが挙げられます。

短期・長期の目標を実用的で測定可能なものにするには、時間的制約があり(例えば、最初の6ヶ月間に一定量の製品引き合いを獲得する)、既存の会社の基準値や業界標準と容易に比較できることが必要です。

また、それぞれの目標には、進捗状況を測定するためのパフォーマンス分析やデータ測定基準の説明と、成功を示す数値や結果も添えてください。

 

3. 製品へのアプローチ

このテンプレートの最後のセクションは、製品の認知度と需要を生み出し、最終的にビジネス目標を達成するために、計画されたマーケティング施策とポジショニングの角度を具体化するものです。

製品戦略テンプレートのこのセクションを形作るには、目標セクションで作成した短期および長期のノードから具体的な活動へと枝を伸ばし、例えば「Widget Xマーケティング計画」という新しいノードの下に記述します。

より包括的な製品戦略のアウトラインを作成するには、これらの活動をさらに個々のタスクやマイルストーンに分解することができます。

メインノードの下にネストされたアクティビティベースのノードは、以下のような主要なマーケティングアプローチ要素に対応する必要があります。

  • コミュニケーション戦略。コミュニケーション戦略。ターゲットとする顧客層にリーチするために使用するマーケティングコミュニケーションチャネルとツールについて詳述します(例:オフラインビジネスや技術に詳しくない起業家を対象としたダイレクトメール資料の作成を計画する場合など)。
  • 収益源。製品から収入を得るためのさまざまな方法について概説します。例えば、製品を1回限りの購入と定期的なアクセスプランの一部として提供することが考えられます。製品ビジョンによっては、売上だけでなく、将来の改良、アップグレード、追加機能に基づいて収益を見込むことができます。
  • 生産要件。新製品の開発または既存製品の改良のために調達または提携する必要のあるさまざまなコンポーネント、原材料、サプライヤー、メーカー、またはサードパーティサービスプロバイダーを列挙してください。
  • コスト構造。コスト予測を使用して、製品の開発とマーケティングに関わる経費を細分化します。単一の予算を作成するのではなく、ベストケースとワーストケースのシナリオに基づいて複数の財務内訳を組み立てることで、リスクマネジメントの取り組みを向上させることができます。

製品戦略の見える化されたテンプレートを作成する最大の利点は、すべての重要なパラメーターを集中管理することで、チームが達成すべきことを迅速かつ容易に確認でき、重要なタスクが見落とされたり抜け落ちたりしないようにすることです。

MindManager を使用すると、他のチームメンバーがどこにいても、使いやすい統合されたマップ、ダイアグラム、およびテンプレートをリアルタイムで作成および共有できるため、さまざまな種類の製品開発戦略やプロジェクトで簡単に協働できます。

MindManager を使用して、より効果的な製品戦略マップを作成する方法をお試しください。30 日間無料でお試しいただけます。

 

この記事は、How to craft the perfect product strategy template | DECEMBER 29, 2021 を翻訳したものです。

MindManagerセールスチーム
フォローをお願いします

今すぐトライアルを開始