ぜひ、ビジネス「見える化」に役立つ資料もダウンロードください。無料です。

MindManagerを使ってアジャイルワークフローと革新的なプロセスモデルを作成する製品開発コンサルタント

「アジャイルな製品開発のためには、様々なテーマをまとめて相互理解を深める必要があります。MindManagerを使えば、誰もが理解できる方法でこれらを表現することができ、また、さまざまな視点からコンセプトを提示することができます。」

ステファン・ワイガンド
アクト・アジャイル、ディレクター

迅速性

プロジェクトを簡単に管理プロジェクト文書や情報への常時アクセス

信頼の構築

複雑なコンテンツを一度にわかりやすく表現

少ないクリック数

検索回数、調整回数、タスク完了までの時間を短縮

高い効率性

情報への迅速なアクセスを可能にするセントラル・コミュニケーション・プラットフォーム


解決する課題

製品開発を最適化するために、企業は手順やプロセスを洗い出し、精査し、再構築するという課題に直面しています。しかし、既存のワークフローを可視化させるのは大変な作業です。ワークフローはスイムレーンなどで簡単に表現することができますが、詳細まではわからないため、結論を出したり変更を加えたりするには不十分です。アクト・アジャイルのステファン・ワイガンド氏は、この課題を認識しており、製品開発プロセスを PowerPoint で再現することがどれほどもどかしいかを自らの経験から知っています。

「変化を起こしたいのであれば、最初からすべての関係者に情報を提供し、参加させ、関与させなければなりません。戦略的な経営企画に何度も携わり、アプリケーション・ポートフォリオ・マネジメントを複数の企業に導入して成功させた経験から、イノベーションが自分たちのためになるものだと従業員が感じることがいかに重要かを知っています」とワイガンド氏は言います。だからこそ、意味のある、わかりやすい情報やドキュメントをお客様に提供することを大切にしています。そこでワイガンド氏は、マインドマップ、チケット、プロセス開発、要件管理などの主要なツールを検討しました。最終的に彼は、コンサルティングプロジェクトやトレーニングにMindManagerを使用することに決めました。なぜなら、このソリューションは彼が必要とする機能を最もよくサポートしているからです。

解決方法

「私がMindManagerを選んだのは、変更管理プロジェクトでは、つながりや依存関係を記述することが多いからです。これらのつながりをすばやく変更し、わかりやすく伝える必要があります」とワイガンド氏は言います。異なるトピックやコンテンツ間のリンクを作成する機能を備えたMindManagerは、まさに彼が必要とする機能を提供してくれます。

ワイガンド氏は、アジャイルな製品開発を行う上で、複雑さは不可欠な要素だと考えています。企業の戦略的な方向転換や製品開発プロセスを策定する際には、異なる時間軸で戦略を見ることができる(つまり、異なる視点から物事を見ることができる)ことが重要だという。「マインドマップはこのようなアプローチを可能にしますが、MindManagerは、戦略的なフレームワークを具体的なプロジェクトに変換し、それに命を吹き込むために必要な機能を的確に提供します。プロセスを細部だけでなくメタ情報からも見ることができ、どこで問題が発生するか、依存関係がどのように振る舞うかがすぐにわかるのです。」

そのため、ワイガンド氏とそのチームは、長年にわたってプロセスと製品の開発にMindManagerを使用してきました。プロジェクトを計画し、タイムラインを追加し、要件を定義し、リンクや添付ファイルを使ってすべてのドキュメントや情報を埋め込みます。もちろん、プロセスの各段階でステークホルダーに情報を提供することも必要ですが、そのフィードバックはポジティブなものばかりです。その理由は?それは、MindManagerがワークフローを簡素化し、透明性を確保し、コミュニケーションを促進すると感じているからです。これは特に国際的なコミュニケーションに当てはまります。というのも、MindManagerではマップをHTMLファイルとしてエクスポートできるからです。つまり、ユーザーがMindManagerのライセンスを持っているかどうかに関わらず、どのデバイスのブラウザでもコンテンツを見ることができるのです。これにより、情報伝達が効率化され、制作プロセス全体にとっても重要です。

また、アクト・アジャイルでは、MindManagerを使ってトレーニング資料を作成・配信しています。このようなプレゼンテーションを行うことで、誰もがテーマを理解し、必要に応じて詳細を掘り下げることができます。「私の講義では、マップを使って学生にアジャイル製品開発を紹介しています」とワイガンド氏は言います。「このようにして、学生は重要な情報を1つのファイルにまとめ、いつでも自習に使えるようにしています」。

“MindManagerを使うことで、タスクを完了させるために必要な時間を最大50%短縮することができました。これは、より良い概要、すべての情報やドキュメントが一箇所に集められ、誰もが次に何が起こるかを知っているからです。”

ステファン・ワイガンド
アクト・アジャイル、ディレクター

結果

ワイガンド氏は、MindManagerをすべてのコンサルティングプロジェクト、さらには日常のオフィスライフを整理するための中核ツールとして使用しています。「MindManagerがなければ、同等の構造と概要を苦労して作り出さなければなりません。MindManagerがなければ、同等の構造や概要を苦労して作らなければなりません。

ワイガンド氏の計算によると、1回のクリックにかかる時間は約1秒。1日に換算すると約30分、MindManagerを使うことで取り戻すことができるという。しかし、時間の節約以外にもさらなる付加価値があるため、すべてのメリットを数値化するのは難しいと付け加えています。MindManagerを使うことで、プロジェクトの概要や理解が深まり、円滑な共同作業が可能になり、ミスが減り、俊敏性が向上します。

アクト・アジャイルについて

ステファン・ワイガンドは、アクト・アジャイルの創設者兼ディレクターです。ワイガンド氏とそのチームは、企業のプロセス、プロジェクト、製品、サービスの向上を支援しています。アジャイル製品開発のコンセプトとプロセスモデルは、彼の仕事において重要な役割を果たしています。

MindManagerセールスチーム
フォローをお願いします

MindManagerセールスチーム
フォローをお願いします

今すぐトライアルを開始