ぜひ、ビジネス「見える化」に役立つ資料もダウンロードください。無料です。

MindManager ライセンス展開および有効化について

MindManager Enterprise: ライセンス管理ポータルへのアクセス

Mindmanager Enterpriseを使用しているユーザーが、ライセンス管理ポータルを有効にする方法について説明します。

MindManager Enterprise のライセンス証書に、組織のライセンス管理者向けのライセンス管理ポータルを有効にするための特別なリンクがあります。

ただ、ライセンス証書のリンクを直接クリックしないでください。リンクをコピーしてブラウザに貼り付けることをお勧めします。

ライセンス管理ポータルを有効にするための登録リンク

ライセンス証書の記載場所については、下の図を参照してください。

ライセンス管理ポータルの管理者は、メールアドレスを入力し、パスワードを作成し、新しいアカウントを作成する必要があります。

アカウントが作成されると、noreply@mindmanager.com から確認のメールが対応するメールアドレスに送信されます。

アカウントの作成を完了するには、メールに記載されているリンクをクリックする必要があります。

ライセンス管理の概要ビデオ

このビデオでは、2020年秋に行われた MindManagerライセンス展開、管理機能の重要な変更について説明します。

MindManager アカウントとは

MindManager のアカウントの必要性

2020年9月にリリースされたMindManager Windows 21およびMindManager MAC 13.2以降、MindManagerの試用を開始したり、MindManagerのライセンスを登録・有効化したりするには、MindManagerのアカウントが必要となりました。

MindManager アカウントとは

 MindManager アカウントは、MindManager のお客様固有の識別子です。

アカウントを作成するか、サインインすると、30 日間の試用、有効化のための永久ライセンスキーやサブスクリプションライセンスキーの追加ができ、MindManager アカウントを使ってどこからでもアクセスできます。

以前に MindManager Snap、MindManager Go、公開 または 共同編集 を使用したことがある場合は、このアカウントで MindManager にログインできます。

そうでない場合は、MindManager の初回起動時に [アカウントの作成] をクリックして新しいアカウントを作成してください。または、こちらのページでアカウントを作成してください。

MindManager は 30 日間でログアウトすることがあります。この場合は、メールアドレスとパスワードで再ログインしてください。最初の製品アクティベーションの後は、ライセンスキーを再度入力する必要はありません。

MindManager を試してみませんか

MindManager による視覚的でダイナミックな作業方法により、ミーティング、プレゼンテーション、個人のタスク管理をより迅速かつ明確に整理して個々人やチームの生産性を向上させませんか。

MindManagerセールスチーム
フォローをお願いします

今すぐトライアルを開始