ぜひ、ビジネス「見える化」に役立つ資料もダウンロードください。無料です。

ビジュアル思考とは何か、なぜ役に立つのか

著者:リアンヌ・アームストロング

ビジュアル思考(図で考えること)は、脳の強力な視覚処理を利用することで可能になります。芸術的な趣味がなくても、ビジュアル思考は考えを整理し、新しいアイディアを生み、本質的な詳細を記憶するのを容易にします。

研究によると、概念を口頭で考えていても、思い描いていたとしても、私たちはみな視覚的にイメージしているといいます。3分の2の人々は言葉や考えを一連の絵としてとらえていると広く信じられています。

あなたはその中の一人でしょうか?

そうでないとしても構いません。言語的思考も同様に重要です。

実際、研究によると、創造性は視覚的思考と言語的思考の両方の横断面から生まれる可能性があることがわかっています。そして、あなたの思考プロセスがどちらに傾いていても、ブレーンストーミングの技術やマインドマップアプリのような視覚的なツールは、あなたのアイディアを考えたり、共有するのを助けるために利用できます。

ビジュアル思考がどのように機能するかもっと知りたくないでしょうか?

それでは、この魅力的なトピックに飛び込んでみましょう!

ビジュアル思考とは何か?

私たちの脳には視覚的に考える素質があるにもかかわらず、1980年代後半までは、すべての思考は言語に基づいていると考えられていました。それ以来、行動や画像の研究により、視覚的思考が実在するだけでなく、比較的広く普及していることが確認されています。

その抽象的な特徴のため、ビジュアル思考の定義を掘り下げていくのは誰(特に言語思考者)でも難しいことです。

しかし、ビジュアル思考の脳には次のようなコツがあると認識することから始めてみはどうでしょう。

  • アイディアをグラフィカルに整理
  • 情報をイメージとして記憶・想起
  • 物理的な属性に数値ベースのの推定

例えば、純粋に視覚化するために本を読んだり音楽を聴いたりしている人や、ページのメモを視覚化して指示を記憶することができる人、新しい机がオフィスのドアに合うかどうかが一目でわかる人などを知っているかもしれません。

これをできるようにするには、ビジュアル思考者は、物体の可視化(シーンを詳細に描き、全体的に処理する能力)と空間の可視化(距離、寸法、速度を判断する能力)という2つの異なるスキルに依ります。

これらは必ずしもすべての人に同じように機能するわけではありませんが、ビジュアル思考者は、物体可視化と空間可視化の様々な側面を取り入れて、視覚的な詳細を分析し、行動に移す準備をすることが示されています。

ビジュアル思考により情報が明解に

あなたがどのような思考をしがちであっても、あなたの脳は視覚的な入力を素早く理解し、記憶するようにできています。したがって、日常の出来事や人間関係にビジュアル思考を適用することで、物事を与える側でも受け取る側でも、情報をより明確にすることができます。

ビジュアル思考のツールやテクニックを使うと、以下のようなことができます。

  • データやその他の情報がどのようにつながっているかを見たり、示したりすることで、より効率的にグループ化したり、並べ替えたりすることができます。
  • 複雑な概念をよりよく説明したり、理解したりすることで、概念間の関係性を確立し、探求することができる。
  • 新しい手順や情報を、より効果的に覚えて応用できるイメージと関連付けて教えたり、学んだりすることができます。

インフォグラフィック、コンセプトマップ、タイムライン、チャート、図解、その他の「絵」のようなツールを使って、デザイン性の高いビジュアルイメージを作成することは、口頭や文字による情報だけではなく、経験や知識を共有するためのはるかに強力な方法です。

例えば、勉強や教育においても、視覚的な学習技術は、読解力や文章力から長期的な定着力やテストの点数まで、あらゆる面で向上させることが示されています。

一方、職場では、ベストセラー「ナプキンの裏側」の著者であるダン・ローム(Dan Roam)氏のようなビジネスの可視化の専門家が、問題を解決し、アイデアを売り込むための方法を提案しています。写真で問題を解決し、アイデアを売る」というベストセラーの著者)のようなビジネスビジュアライゼーションの専門家は、視覚的な明快さは、適切なツールとテクニックさえあれば、誰もが表現力を身につけることができるものだと考えています。

物語を書いたり、授業を指導したり、仕事のプロジェクトを計画したりする必要がありますか?一人で、あるいはチームの一員として、情報が視覚的に表現されていれば、新しい知識を紹介したり、共有したり、意味を理解したりするのが格段に簡単になります。

ビジュアル思考は他のタイプの思考とどう違うのか

視覚的に考える人は、計画を立てたり、問題を解決したり、単純に想像したりするために、意識的なレベルで精神的なイメージを使っています。しかし、興味深いのは、多くの人が自分と同じように考えているわけではないということに気づいていないということです。

その間にいろいろありますが、基本的には2つのタイプの思考者がいます:ビジュアルなものと言語的なものです。彼らの思考プロセスがどのようなものか理解のため、ビジュアル思考対言語的思考のかんたんな見え方です。

ビジュアル思考者

  • 頭の中で絵を見て情報を考える(映画を見るような感覚で)
  • 完全に形になる前に言語化される必要があることがありますが、抽象的な思考を経験します
  • 多くの場合、質問に答えたり、考えていることを表現するための適切な言葉やフレーズを見つけるために時間を必要とする

言語的思考者

  • 情報を言葉にして考える(やや独り言のようなもの)
  • 頭の中で聞いた文章の中で繰り広げられる内的な物語や独白を経験します
  • 新しい情報に注意を向ける前に、複数のスレッドをシャットダウンする必要がある

言語的思考が得意な人は、先に述べた対象物や空間の可視化スキルに関しては平均的な人であることが多いものの、ビジュアル思考スタイルはひとつではないということも示されています。

認知的に言えば、かつては「視覚的」と「言語的」は思考法の対極に位置していました。しかし今、物事はそれほど単純ではないことが明らかになっています。

ビジュアル思考と言語的思考のスキルは誰の心の中にも共存しているだけでなく、この2つが相互に作用したときに最高の創造的思考が達成されるのです。

ビジネスの観点からチームの能力を最大限に引き出したいのであれば、すべての職場に異なるタイプの思考者がいることを認識することから始めましょう。

ビジュアル思考できるようにする

やるべきことが見えれば、それができる可能性が高くなる(そしてそれがうまくいく)という考え方は、学習スタイルや脳に関する豊富な研究を考えると、確かにその通りだと言えます。

しかし、ビジュアル思考の利点を得るための鍵は、それが受動的なものではなく、能動的なプロセスであることを認識することにあります。

イメージが浮かんでくるのを見ているだけではなく、視覚的に考えることは、次のような作業につながります。

  • グラフィカルにレイアウトすることで、抽象的なアイディアをブレインストーミングする
  • 意識的に新しい青写真を描くことで、人と人を繋ぐことができる
  • イメージを操作して、情報をより良く整理し、反映させる

ビジネスのプロとしてビジュアル思考ツールを統合することで、プレゼンテーションを強化し、より洞察力のある議論を促し、チームのパフォーマンスを向上させることができます。

あなたの目的が内秘めたるアイディアをより良く把握することであれ、重要な知識を他の人と共有することであれ、ビジュアルを使って異なる人や異なる文脈の情報を結びつけることで、最高の思考が生まれることを記憶にとどめておいてください。

無料ウェビナー

MindManager Webinar | MindManager Blog

Using a Visual Dashboard to Work Faster, Better, Connected (ビジュアル ダッシュボードを使って、より速く、より良く、よりつながりを持って仕事をする)

ビジュアル・ダッシュボードは、情報過多を管理するための最も効果的な方法の1つです。このウェビナーでは、ビジュアル・ダッシュボードとは何か、そして独自のダッシュボードを構築する方法をご紹介します。(英語)

MindManagerセールスチーム
フォローをお願いします

今すぐトライアルを開始