ぜひ、Lean Six Sigmaホワイトペーパーをダウンロードください!

チームで使うべき9つの問題解決ツール

著者:リアンヌ・アームストロング

ある調査によると、平均的なビジネスプロフェッショナルは、仕事上の問題を解決するために毎週3時間を費やしているそうです。

問題解決の方法は、業界あるいは所属する部署によっても異なるかもしれません。しかし、問題を解決する前に、その問題が何なのか、その原因は何なのか、長期的に理想的な解決策は何なのかを明確にしておく必要があることには、異論はないでしょう。

問題の本質と原因の両方を理解することが、どの行動が問題解決に役立つかを理解する唯一の方法です。

そして、問題解決のプロセスのほとんどが思いつきと汗の一部であることを考えると、共同作業を容易にし、創造的思考を促し、考え出した解決策の実行を容易にする問題解決ツールが使えれば、多くの場合でより多くの成功を収めることができるでしょう。

私たちは、皆様とそのチームが職場の問題を可能な限り効率的にマップ化し、修復するのを支援するために、多用途な問題解決ツールとソフトウェアの総括をまとめました。問題解決ツールには、問題解決ダイアグラム、問題解決マインドマップ、問題解決ソフトウェアソリューションの3つのカテゴリーがあります。

これには以下のようなものがあります。

  • フィッシュボーン図
  • フローチャート
  • 戦略マップ
  • メンタルマップ
  • アイディアマップ
  • コンセプトマップ
  • 層構造のプロセス監査ソフトウェア
  • チャート作成ソフト
  • MindManager

はじめてみましょう!

問題解決のための図表

問題から抜け出す方法をマップ化することは、自分が今いる場所と、どこに行き着く必要があるのかを確認する最も簡単な方法です。

視覚的になった問題マップは、ポイントA(機能不全の状況)からポイントB(完璧なプロセス)への最も効率的なルートをプロットできるだけでなく、問題マップのダイアグラムは、それをより簡単に見ることができます。

  • 窮地の根本原因
  • それぞれ可能なソリューションに関連する手順、リソース、人員
  • 最も時間のかからない、最も費用対効果の高い選択肢

視覚的な問題解決プロセスは、理解を強固にするのに役立ち、抽象的なアイディアを実用的で再構築的な計画に変換するために、あなたとあなたのチームにとって素晴らしい方法です。

ここでは、チームで試すことができる一般的な問題解決マップの3つの例を紹介します。

1. フィッシュボーン図

フィッシュボーン・ダイアグラムは、一般的な問題解決ツールであり、一度完成すると、魚の骨格に似ていることから、その名が付けられました。

問題の根本原因(肋骨)が、頭(問題)に接続された脊柱線の両側から分岐している場合、ダイナミック・フィッシュボーン図を使用することで、問題を解決することができます。

  • 既存の問題の可能性のある理由の関連するセットをレイアウトします
  • 副次的な原因に分解して、それぞれの可能性を調査します
  • 寄与因子が互いにどのように関連しているかを確認します

フィッシュボーン図は、原因と結果、または石川図とも呼ばれています。

MindManager Fishbone Diagram 1

2. フローチャート

フローチャートは、様々な応用が可能なわかりやすい図です。しかし、フローチャートは、欠陥のあるプロセスのステップがどのようにつながっているのか、その概要を説明したり、検討したりするために使用することができます。フローチャートは、ワークフローの方向を示す矢印とリンクしたいくつかのシンプルなシンボルで構成されており、プロセスの各段階で何が起こるのか、また、各イベントが他のイベントや決定にどのように影響するのかを明確に示しています。

Flowchart | MindManager

3. 戦略マップ

しばしば戦略的な計画ツールとして使用されていますが、戦略マップは問題マップとしても利用できます。階層的に思考やアイディアを1ページにまとめ、可能性のある解決策を具体化することができます。課題を克服する方法としてやってみる価値があると思う戦術をいくつか手に入れたら、戦略マップは問題解決のゴールへの最良のルートを確立するのに役立ちます。

Strategy Toolkit MindManager 2018

 

問題解決のマインドマップ

問題解決のマインドマップは「見える化」に価値があります。根本原因の分析と可能性のある解決策の特定の両方で重要な役割を果たすブレーンストーミングを促進し、問題をより解決可能にするのに役立ちます。

マインドマップはあなたの考えを表す図表です。多くの人々が手書きかタイプされたノートを取ったり、それを見て作業するのに苦戦します。マインドマップは脳と同じように考え、概念および解決できるように、考えを視覚的にレイアウトし構成するようにデザインされています 。

問題解決のためのマインドマップは、一つの概念から始めて、より詳細に枝分かれしていくことで、以下のようなことを簡単に行うことができます。

  • 慣れない問題やプロセスを短時間で説明
  • 斬新なアイディアの共有と精緻化
  • より効果的な解決につながるグループ理解力の向上

マインドマップは、創造的な解決策に必要な柔軟な思考を引き出すことに向けられており、貴重な問題解決ツールです。ブレーンストーミングを推し進めるのに使用できる問題解決のマインドマップの3つのタイプがあります。

4. メンタルマップ

メンタルマップは、職場の問題の原因となっている可能性のあるものについての考えを頭の外に出し、共有されたデジタルスペース上に表示するのに役立ちます。メンタルマップは、私たちの脳が新しい情報を取り込み、分析する方法を反映しているため、自分の理論を視覚的に説明するためにメンタルマップを使用することで、あなたやチームがその思考モデルを通して作業を進め、テストするのに役立ちます。

Mental Map | MindManager Blog5. アイディアマップ

アイディアマップは、散らばった思考プロセスをレイアウトし、整理するために色やイメージの広い品揃えを活用することができます。アイディアマップは、問題を共同で解決する最良の方法についてのアイディアを提示し、探索することを可能にするので、理想的なブレーンストーミングツールであり、既成概念にとらわれない思考にも有用です。

Mental Map | MindManager Blog

6. 概念図

概念図は、複雑な概念を相互接続させて視覚的に表現することができるため、潜在的な解決策を中心に考えを形成するための最良の方法の一つです。提案された問題解決プロセスをデジタルでレイアウトし、線を使って関係性のつながりを形成し、定義することで、グループは、解決策のパズルの各ピースが他のピースとどのようにつながっているかを確認することができます。

Concept Map | MindManager Blog

 

問題解決のためのソフトウェアソリューション

問題解決ソフトウェアは、1 つのプラットフォームで複数の問題解決ツールを活用するための最良の方法です。ソフトウェア プログラムの中には、製造業や顧客関係管理など、特定の業種やプロセスに特化したものもありますが、MindManager のように、複数の業種、部門、およびチームにまたがって作業できるように専用に構築されたものもあります。

ここでは、3 つの問題解決ソフトウェアの例を紹介します。

7. 重層化されたプロセス監査ソフトウェア

層別工程監査(LPA)は、企業が生産工程を監督し、製造した製品のコストと品質を監視するのに役立ちます。専用の LPA ソフトウェアを使用すると、コストのかかる漏出が発生している場所を確認でき、すべてのレベルの管理者が漏出の修復に関与することができるため、製造業者は問題解決が容易になります。

8. チャート作成ソフト

チャート作成ソフトウェアには、様々な業種に合わせて様々な形や大きさのものがあります。例えば、パレート図は、棒グラフと折れ線グラフを組み合わせたもので、企業はさまざまな問題や要因を比較して、その頻度、コスト、重要性を判断することができます。チャート作成ソフトはマーケティングの分野でよく使用されており、様々な棒グラフやX-Y軸図を使用することで、競合他社のプロフィール、顧客のセグメンテーション、販売動向などを表示・検討することができます。

9.MindManager

MindManager は、作業場所や問題解決の役割がどのようなものであっても、プロセス、計画、またはプロジェ クトが思うように機能していない理由を突き止めることで、チームの生産性を向上させる問題解決ソフトウェアです。

障害物、不足、または困難が存在する理由がわかれば、MindManager の幅広いブレーンストーミング図や問題マッピング図を使用して、以下のことを行うことができます。

  • 状況を修正するための最も有望な方法を見つけます。
  • 選択したソリューションをアクティブにし
  • 定期的なチェックを行い、修理作業が持続可能であることを確認する

MindManager は究極の問題解決ソフトウェアです。

MindManager には、職場のあらゆるタイプの問題を解決するためのシステムとして使用できるだけでなく、予測ツール、タイムライン チャート、および警告インジケータが組み込まれているため、解決策を計画、実装、および監視することができます。

MindManager の多用途な問題解決ツールのコレクションは、チームの全員がより効率的に問題解決できるようにするのに役立ちます。

リーン シックス シグマは、MindManager を使用して実現できる強力な問題解決と効率的な監査テクニックの 1 つです。このウェビナーでは、リーン シックス シグマとは何か、および MindManager がプロセスにどのように適合するかについての詳細な概要を説明します。

無料進呈 資料

MindManager Webinar | MindManager Blog

MindManager をリーンシックスシグマのツールにする

リーン シックス シグマは、MindManager を使用して実現できる強力な問題解決と効率性監査のテクニックのひとつです。この資料では、リーンシックスシグマの基本と、MindManagerを目標達成のための中心的なツールとするための資料です。

今すぐトライアルを開始