ぜひ、Lean Six Sigmaホワイトペーパーをダウンロードください!

MindManager を使用してプロジェクトの効率を高め、チーム間の連携を強化するがん研究者

Tom O'Connell | MindManager Blog

「コンピュータのファイルを探し回るようなことをせずに、必要なすべてのものを見ることができる単一のコントロールセンターを持っているようなものです。何が行われたか、何を行う必要があるかがわかるようになると、プロジェクトを実行する際の効率が格段に上がります。効率性の向上は非常に重要です。」

トーマス・オコーネル博士

准教授

インディアナ大学医学部

Case Study Icon 1 | Tom O'Connell | MindManager Blog

優れたプロジェクト効率

1つのダッシュボードで5~10のプロジェクトを簡単に管理

Case Study Icon 3 | Tom O'Connell | MindManager Blog

より簡単なチーム連携

より良いブレーンストーミングと新しい研究計画

Case Study Icon 2 | Tom O'Connell | MindManager Blog

リソース管理の改善

コアラボからの研究成果を最大化

Case Study Icon 4 | Tom O'Connell | MindManager Blog

研究と論文執筆の充実

書くストレスを軽減し、結果のまとめが明確に


解決する課題

トーマス・オコーネル博士は、インディアナ大学医学部のオコネル研究室の准教授および主任研究員として、最先端のがんおよび代謝研究の最前線で活躍しています。最近の研究では、がんや化学療法が患者の筋肉の衰えをどのように引き起こすかを分析し、この状態を治療する方法を特定することを目標としています。

オコーネル博士の日々の仕事は、多数の共同研究を管理することです。各プロジェクトには、消耗品の発注、様々な実験の実施、完了したサンプルや未完了のサンプルの追跡、データの分析、結果の要約などが含まれます。オコーネル博士は、これらのアクティブなプロジェクトのうち、常に5~10件を管理し、組織の不備によって貴重な研究時間が無駄にならないようにしなければなりません。

さらに、オコーネル博士は、自分の実験や発見に関連した研究論文や助成金申請書を定期的に作成しなければなりません。これには、複数の実験から大量のデータを収集し、その結果を分析して結論を導き出し、チームの発見を論文にまとめ、学会や雑誌に投稿して査読を受けることも含まれます。

解決方法

オコーネル博士は、10 年以上にわたり、プロジェクトおよびタスク管理のためのツールとして、また論文執筆の補助ツールとして、MindManager を毎日使用してきました。

オコーネル博士は、ラボの共同作業を管理するために MindManager を使用して、毎週のタスクのための中央の「マスター」ダッシュボードを作成しています。このダッシュボードは、調整している各プロジェクトの個別のプロジェクト マップに接続します。新しいプロジェクトを開始するとき、オコーネル博士とそのチームはマインドマップを使用して作業の全範囲を構築します。プロジェクトは主要なセクションに分割され、サブトピックには詳細なタスク情報、リンクされたリソース、スタッフの割り当てが含まれています。仕事が完了すると、MindManager の仕事のステータス機能を使用してチェックオフされ、新しい情報や 発見がコア プロジェクト マップに保存されます。これらのプロジェクト マップを MindManager のコア ダッシュボードにリンクすることで、オコーネル博士は、各プロジェ クトの状況を常に把握することができます。

「コンピュータ上のファイルを調べなくても、必要なものをすべて表示できる単一のコントロールセンターのようなものです。何が行われたか、何を行う必要があるかがわかるようになると、プロジェクトを実行する際の効率が格段に上がります。効率性の向上は非常に重要です。」とオコーネル博士は説明します。

また、オコーネル博士は、研究論文や助成金の申請書の骨格を計画し、作成するためのツールとして MindManager を使用しています。さまざまな実験から得られた結果やデータをマインドマップにリンクして添付する機能により、オコーネル博士は結果間のつながりを描き、研究室の結果の意味をより明確に把握することができます。これは、複雑な研究論文を計画して執筆する際に非常に重要であると、オコーネル博士は説明しています。

オコーネル博士は、中心となるトピック (論文の全体的なテーマ) から始めて、マインド マップにサブトピック、ノート、データ リンク、および添付ファイルを追加して、論文の構造と内容を構築します。「MindManager を使用すると、アイディアを出したり、移動させたり、セクションに分けたりすることができます。すべてが完成する頃には、おおよそ詳細な骨格ができているので、文章を書くのがとても楽になります」とオコーネル博士は説明します。

「何が行われたか、何をすべきかがわかるようになれば、プロジェクトを運営する上ではるかに効率的になります。従来の ToDo リストよりも効率的かつ動的にその内容を確認できれば、効率性は非常に大きく向上します。MindManager は、このようなプロジェクト管理を可能にするのです。」

トーマス・オコーネル博士

インディアナ大学医学部准教授

結果

がん代謝分野の専門家として、オコーネル博士の現在の目標は、効率的に実験を完了させること、効率的で生産的な共同研究者であること、そして将来のプロジェクトのための資金を確保するために定期的に論文や助成金申請書を書くことです。

「MindManager のおかげで、これらの目標を達成し、高いレベルの生産性を維持することができました。MindManager がなかったら、1 つのダッシュボードにすべての情報を集約するのではなく、複数のソースから情報を収集することに多くの時間を費やしていたでしょう。」とオコーネル博士は言います。

プロジェクトを「見える化」して計画し、その進行状況を追跡し、結果やデータに簡単にアクセスできるようになることで、実験室での実験を完了させるスピードが劇的に向上します。また、彼のチームは共同でブレインストーミングを行い、結果の間のつながりを引き出すことができ、それが新しいアイディアにつながることもよくあります。すべてのプロジェクトと実験で高レベルの効率性を維持することで、オコーネル博士とそのチームは、将来的に命を救う可能性のある医療のブレークスルーを発見するという目標を追求し続けることができます。

トーマス・オコーネル博士について

  • インディアナ大学医学部耳鼻咽喉科・頭頸部外科准教授
  • インディアナ大学オコーネル研究室長
  • インディアナ大学サイモンがんセンター準会員
  • キャッシェクシア研究革新治療センター会員
  • 研究テーマは、統合代謝解析をがんの悪液質化やその他の衰弱状態に応用することです。

インディアナ大学医学部について

  • 公立教学研究医科大学
  • インディアナ州インディアナポリスにある主要な研究・医療センター
  • 1903年設立
  • 2,000人以上のフルタイム職員
  • 2000人以上の学生

今すぐトライアルを開始