ぜひ、Lean Six Sigmaホワイトペーパーをダウンロードください!

知識のビジュアル化:簡単な紹介

興味深いことに、企業の世界では「知識のビジュアル化」という言葉をあまり耳にしませんが、知識のビジュアル化が意思決定、生産性、戦略立案にどれほどの価値があるかを考えると不思議なことです。知識のビジュアル化の利点は科学的にも裏付けられています。実際、研究によると、知識のビジュアル化は有意義な学習を可能にし、記憶の保持を助け、複雑な問題を単純化し、創造性に火をつけ、さらには文章作成能力を向上させることが示されています。

知識のビジュアル化101

知識のビジュアル化とは、知識の創造と伝達を向上させるためにビジュアル的な表現を利用することです。

知識のビジュアル化とは

知識のビジュアル化とは、「少なくとも二名の間で知識の創造と伝達を改善するために、視覚的な表現を使用すること」と定義されています。友人にコンセプトをより良く説明するためにナプキンに何かをスケッチしたことがある人は、知識のビジュアル化を実践したことがあるといっていいでしょう。

しかし、知識のビジュアル化はスケッチだけではありません。知識は、図、画像、オブジェクト、インタラクティブなビジュアル、情報のビジュアル化アプリケーション、さらには物語のような想像上のビジュアル化など、さまざまな視覚的なフォーマットを使って伝達することができます。

さらに、知識のビジュアル化は事実の伝達だけではありません。洞察、経験、態度、価値観、期待、視点、意見、予測などを伝達するためにも使用されます。

知識のビジュアル化の利点は何か

知識のビジュアル化の利点はたくさんあります。すでに簡単にその利点について強調しましたが、このセクションでは、少し深掘りしていきます。あなたの組織に情報のビジュアル化を取り入れたいと思う理由を理解するのに役立ちます。

例えば、知識のビジュアル化の利点には、以下のようなものがあります。

  1. より良い理解 – 知識のビジュアル化は、パターン、異常値、傾向を特定するのに役立ちます。もちろん、この情報があれば、企業は組織、業界、市場がどこに向かっているかを予測し、将来に向けて戦略的に計画を立てることができます。
  2. 記憶力の向上 – 「百聞は一見に如かず」ということわざをご存知の通り、間違いなく知識のビジュアル化に当てはまります。概念が視覚的な方法で人々に提示されると、記憶の保持力が高まります。その結果として知識のビジュアル化は学習を促進することが証明されています。
  3. より魅力的 – プロセスの流れを説明するマニュアルを読むか、同じプロセスを視覚的に見るかの2つの選択肢が提示されたとしましょう。ほとんどの人がおそらく図を選ぶでしょう。図は通常、見ていて面白いし、楽しいものです。一方、長くて退屈なマニュアルはどうでしょうか?それほどではないでしょう。
  4. 深い洞察力 – 知識のビジュアル化は、コンテキストの詳細だけでなく、様々なオブジェクト間の関係を示しています。これらの関係がグラフィック形式でとても明確にマップされているので、より多くの「a-ha」の機会が存在しています。
  5. より迅速な知識の伝達 – 専門家ではない人が新しい情報を素早く学ぶ必要がある場合、図は特に有用です。例えば、マーケティング部門のマネージャーが、マーケティング・ソフトウェアを使って業務を効率化したいので、自分のチームがどのようなタスクを実行しているかをIT部門に正確に説明する必要があるとします。このような時、口頭で、あるいは書面で伝えようとしても、伝えきれないことがあります。しかし、知識のビジュアル化すれば、マーケティングチームのプロセスやワークフローを図示できるので、ITチーム全体が迅速に対応できるようになります。

知識のビジュアル化を定義し、いくつかのメリットを見てきたところで、いくつかの例を見てみましょう。

知識のビジュアル化の例

知識のビジュアル化が職場で活用できる方法は数多くあります。例えば、多くの企業は以下のようなことのために知識をビジュアル化しています。

  1. プロジェクト管理 – プロジェクトには多くの動く部分があります。誰が何をするのか?いつまでに完了する必要があるのか?プロジェクトを期限内に予算内で完了させるためには、どのような目標を達成する必要があるのか?複雑なプロジェクトでは、詳細を一つ一つ書き出すよりも、これらの情報を視覚的に追跡する方がはるかに簡単です。これにより、利害関係者は、書類の山をふるいにかけることなく、プロジェクトの状況を一目で確認することができます。
  2. ブレインストーミング – 最も重要なアイディアのいくつかは、ブレインストーミングのセッションから生まれます。ブレーンストーミングセッションを視覚的に文書化することで、チームはアイディアを簡単に追跡することができ、将来に再度参照することができます。
  3. プロセスマッピング – ビジネスプロセスマッピングは、ビジネスが何をするか、組織の誰がそれを行うために責任があるか、どのような基準でプロセスを完了する必要があり、どのように評価するかを視覚的に定義する方法です。
  4. 予算作成 – ほとんどの人は、長い数字の列を読むのは好きではありません。幸いなことに、企業が知識のビジュアル化を利用すれば、その必要はなくなります。予算は、円グラフ(パーセンテージを使用して収入がどのように使われているかを示す)、棒グラフ(現在の年と以前の年の違いを示す)、折れ線グラフ(時間の経過とともに予算が増加していく様子を示す)などで表現することができます。 これらの例では、予算情報は、経営者がどのようにお金が使われているか、または配分されているかをすぐに確認できるように表示され、より迅速な意思決定を可能にしています。

これらは、知識のビジュアル化を利用してパフォーマンスを向上させる方法のほんの一部に過ぎません。もちろん、知識のビジュアル化で最高の結果を得るためには、適切なソフトウェアを使用する必要があります。

この記事は Knowledge visualization: a brief introduction を翻訳したものです。

今すぐトライアルを開始